ライザップ中にレストランで食事する際の注意点

ライザップに通っている最中であっても、レストランで食事をしないといけない状況が発生する場合があります。

 

今までこつこつ頑張ってきた努力がその食事で無駄になると考えてしまうと悲観的になりますが、大切なのはそこで努力をやめてしまわないことです。

 

レストランの食事では脂肪に直結しやすい料理が提供されることが多いですが、可能な限り脂肪に直結しないメニューを選ぶ必要があります。

 

丼ものなど、炭水化物と脂肪が混じっていて大量に摂取する食事は危険なので、小さいサイズにするか、量によっては全て食べない覚悟も必要です。

 

メインディッシュとごはんやパン等の炭水化物が分かれている場合は、炭水化物をあらかじめ断って食べないことで脂肪への直結の危険が下がります。

 

総じて、炭水化物の摂取を避けることで、レストランでの食事の悪影響を最小限にすることができます。

 

たがが外れたように食べてしまうと、ライザップに通うことで培ったモチベーションを維持するのも難しくなるので、くれぐれも気の緩みから食べ過ぎないように気を付けましょう。

なぜRIZAPが選ばれている?
「糖質制限+マンツーマントレーニング」を実施するパーソナルトレーニングジムは多数ありますが、RIZAPが効果的にボデイメイクをできる理由は、それだけではありません

・13万人※の会員実績をデータアナリストが分析した結果に基づいているから、ひとりひとりにあった具体的で最適なプランを提示できます
※2019年4月末現在の累計会員数

・採用率3.2%(※)を通過し、147時間に及ぶ研修を経た精鋭トレーナーだから、ひとりひとりにあった効率的なトレーニングメニューを提供できます
※2018年4月~2019年2月末実績

・専用アプリの活用&担当トレーナーとは別のカウンセラー面談実施により、最後まで挫折させないサポートができるから、達成率約96%(※)
※2018年全額返金保証制度対象者4.1%を除く

・1日3食2ヶ月180食分の食事を徹底サポートする国家資格を持つ管理栄養士がいるから、セッション中だけではなく聞きたい時にすぐに電話で相談ができます

このように、【専属トレーナー】【国家資格を持つ管理栄養士】 【カウンセラー】【データアナリスト】により、データを基に導き出すプランと、それを最短でめぜずに達成させる「スキル知識経験」と「寄り添い」のサポートがあるからこそ、ボデイメイクを成功に導けます。

その結果、他社のパーソナルトレーニングで痩せられなかった方が来られ、最初からRIZAPにしておけばよかったとお声をいただくケースもございます。

マンツーマンのパーソナルトレーニングより、さらに確実な組織力で、よりどんな方であっても健康的に、目標達成を成しえることができるような体制を整えています。

まずはRIZAPの無料カウンセリングを受けてみましょう!


 このエントリーをはてなブックマークに追加