ライザップ中はお酒を控えた方がいい?

ライザップ中のお酒は控えなくても大丈夫です。これはライザップの公式ホームページにも記載があります。

 

ただどれでも好きなだけ飲んでもいいのかというとそうではなく、炭水化物を含むお酒は控えてください。

 

ですのでビールやワイン、日本酒は飲まないでください。

 

その代わりにそれ以外のもの、焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は飲むことが許可されています。

 

いくらライザップ中とはいえお仕事上の付き合いで飲まなければならないこともあるでしょうし、お酒好きの方にいきなりすべて禁止というのは酷なお話です。

 

それから注意して頂きたいのはお酒を飲んだ時に、ついつい食べ過ぎてしまうことは避けてください。

 

ライザップを始めると食事に関してもかなり細かく管理されます。特に糖質を抑えることは重要な要素になってきます。

 

完全に飲むなとは言いませんが、飲むことによって酔いが回り、気付かないうちにたくさん食べてしまってというのは実際によく聞く話ですので、そういう意味でもお酒は極力控えた方がよいことは間違いないです。

 

 

目指す体型、体重によっては禁酒に

お酒は飲めると伝えましたが、2ヶ月や3ヶ月という限られたトレーニング期間中に結構厳しめの目標を設定された方は、食事や飲料の制限もきびしめになります。

 

お酒はやはり飲まない方が痩せやすいです。というのも、お酒を分解するのに肝臓が使われるためです。

 

肝臓は糖質を分解する臓器ですが、お酒の分解にエネルギーを使っている間はそれがしにくくなります。

 

目標のためにはガマンするのも必要かもしれません。でも人間ってそう頑張れるものではないので、例えば目安の体重まで落としたら一回ご褒美としてお酒を飲むというのも全然アリです。

 

あまり気を負わず、飲みすぎさえ注意すれば続けられますのでぜひお酒好きでもライザップにチャレンジしてもらえたらと思います。

なぜRIZAPが選ばれている?
「糖質制限+マンツーマントレーニング」を実施するパーソナルトレーニングジムは多数ありますが、RIZAPが効果的にボデイメイクをできる理由は、それだけではありません

・13万人※の会員実績をデータアナリストが分析した結果に基づいているから、ひとりひとりにあった具体的で最適なプランを提示できます
※2019年4月末現在の累計会員数

・採用率3.2%(※)を通過し、147時間に及ぶ研修を経た精鋭トレーナーだから、ひとりひとりにあった効率的なトレーニングメニューを提供できます
※2018年4月~2019年2月末実績

・専用アプリの活用&担当トレーナーとは別のカウンセラー面談実施により、最後まで挫折させないサポートができるから、達成率約96%(※)
※2018年全額返金保証制度対象者4.1%を除く

・1日3食2ヶ月180食分の食事を徹底サポートする国家資格を持つ管理栄養士がいるから、セッション中だけではなく聞きたい時にすぐに電話で相談ができます

このように、【専属トレーナー】【国家資格を持つ管理栄養士】 【カウンセラー】【データアナリスト】により、データを基に導き出すプランと、それを最短でめぜずに達成させる「スキル知識経験」と「寄り添い」のサポートがあるからこそ、ボデイメイクを成功に導けます。

その結果、他社のパーソナルトレーニングで痩せられなかった方が来られ、最初からRIZAPにしておけばよかったとお声をいただくケースもございます。

マンツーマンのパーソナルトレーニングより、さらに確実な組織力で、よりどんな方であっても健康的に、目標達成を成しえることができるような体制を整えています。

まずはRIZAPの無料カウンセリングを受けてみましょう!


 このエントリーをはてなブックマークに追加